ニコンFXフォーマット採用、有効画素数24.5メガピクセルの高精細・高画質 「D3」の機動性・操作性を継承

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3X」の発売について

2008年12月1日PRESS RELEASE/報道資料

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3X」 AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G装着時

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡 隆男)は、ニコンが開発した35mmフィルムの画面サイズ(36×24mm)に準じるニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ 35.9×24.0mm)を搭載し、有効画素数24.5メガピクセルの高精細、高画質を実現したデジタル一眼レフカメラ「D3X」を発売します。
 「D3X」は、中判デジタルカメラ同等の極めて高精細な画像を提供し、プロユーザー、特にスタジオでの高画質な撮影のニーズに応えます。高精細、高画質が求められるファッションや商品撮影、大判ポスターなどの制作にも十分耐える画質性能です。また、「D3」と共通のカメラボディーによって機動性、操作性に優れ、屋外での撮影にも適しています。

  • ニコンFXフォーマット、新開発CMOSセンサー(撮像サイズ 35.9×24.0mm)搭載
  • 有効画素数約 24.5メガピクセルの高画素
  • 中判デジタルカメラ同等の高精細、高画質
  • 24.5メガピクセル(FXフォーマット時)または20.4メガピクセル(5:4時)で約 5コマ/秒、10.5メガピクセル(DXフォーマット時)約7コマ/秒の高速連続撮影※1
  • ISO 100~1600の広い常用撮像感度と優れた低ノイズ性能
  • [手持ち撮影]、[三脚撮影]の2種類のライブビュー機能
  • 世界最多※2の高密度51ポイントAFシステム

発売概要

商品名 デジタル一眼レフカメラ「ニコンD3X」
価格 オープンプライス
発売予定日 2008年12月19日

開発の背景

ニコンが2007年11月に発売したデジタル一眼レフカメラ「D3」は、高画質・高感度・高速性能で、多くのプロユーザーから絶大な評価を得ました。その後、「D3」のさらなる高画素化への要望をお寄せいただきました。また、ファッションや商品などのスタジオ撮影のプロユーザーからは、中判デジタルカメラに匹敵する画質で、機動性、操作性に優れたカメラが強く求められていました。
これらのご要望に対応するため、「D3」と共通のボディーを採用し、優れた機動性、操作性を継承しながら、ニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ 35.9×24.0mm)を搭載し、有効画素数24.5メガピクセルの高画素を実現した、デジタル一眼レフカメラ「D3X」を発売するにいたりました。

主な特長

1. 有効画素数24.5メガピクセル。ニコンFXフォーマットCMOSセンサー搭載

画面サイズ35.9×24.0mmの新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素数24.5メガピクセルの高画素を実現しました。さらに、画素特性を最適化することで1画素ごとに取り込める光の量を十分に確保し、高いS/N比、広いダイナミックレンジを実現。微細なディテールまで解像しながら、白とび、黒つぶれの抑制、低ノイズ、なめらかな階調描写を可能にしています。

2. ISO 100からの広範な撮像感度

常用撮像感度は、スタジオ撮影用のストロボのセッティングにマッチするISO 100から、高感度ISO 1600までと広範囲です。低感度設定時の高画質はもちろん、ISO 1600でもノイズの少ない高画質を実現しています。さらに、ISO 1600に対し約2段(ISO 6400相当)までの増感、ISO 100に対し約1段(ISO 50相当)までの減感ができ、幅広い撮影の可能性を提供します。また、撮像感度の自動制御も可能です。

3. ニコン独自の包括的画像処理コンセプト「EXPEED(エクスピード)」に基づいた新開発画像処理システム

ニコン独自の包括的デジタル画像処理コンセプト「EXPEED(エクスピード)」に基づくテクノロジーを応用し、「D3X」に最適化した新しい画像処理プロセスが高画質化、処理速度高速化、低消費電力化を実現しています。新開発の画像処理エンジンは、色彩を問わない忠実な色再現、鮮やかな彩度、なめらかな階調描写を実現しており、感じたままの色合い、色調の微妙な変化までも期待どおりに表現します。さらに、ノイズの発生自体を低減させるよう設計した先進的なノイズ低減処理機能が、特に彩度に影響を及ぼすことなくノイズを最小限にとどめます。

4. プロフェッショナルの要求に応える高速性能

起動時間は「D3」と同じ約0.12秒※3。レリーズタイムラグも、「D3」と同様ほぼメカニカルな限界と言われる約0.04秒※3 ※4を達成しています。連続撮影は撮像範囲がFXフォーマット(36×24)または5:4(30×24)時には約5コマ/秒、DXフォーマット(24×16)時には約7コマ/秒の高速連続撮影※4 ※5ができます。また、新世代高速カード(UDMA)に対応しており、「D3」同様のカード記録速度35MByte/秒を達成。 FXフォーマットで撮影された約7.1M(JPEG・画像サイズ L、画質モード NORMAL)のデータを毎秒約5コマ以上の速度で記録できます。

5. 信頼度の高い自動制御を実現する「シーン認識システム」

「D3」同様、明るさだけでなく、被写体の色まで認識して高精度に露出を制御する1005分割RGBセンサーのポテンシャルを有効に活用して、被写体や撮影シーンの状況をカメラが撮影前に認識。その結果をAF、AE(自動露出)、スピードライトのi-TTL-BL調光、AWB(オートホワイトバランス) の制御に応用して高精度を実現しています。

6. 高密度51点フォーカスポイント採用のAFシステム

「D3」で定評のあるマルチCAM3500FXオートフォーカスセンサーモジュールによるAFシステムを搭載しています。中央の15点のクロスタイプセンサーを含む51点すべてのフォーカスポイントは開放F値5.6およびそれより明るいすべてのAF NIKKORレンズで有効です。シングルポイント/ダイナミック/オートエリアの3つのAFエリアモードを搭載しており、被写体に即して選ぶことで51点のフォーカスポイントを最大限に活用できます。さらに、「シーン認識システム」の「被写体追尾」、「被写体判別」情報を利用して、ダイナミックAFモードの被写体捕捉性能、オートエリアAFモードの人物への合焦率を向上させています。

7. 優れた耐久性

外観カバー、シャシー、ミラーボックスに軽量かつ堅牢なマグネシウム合金を使用しています。さらに、Оリングなどで接合部を厳重にシーリングし、高い防滴・防塵性を実現しています。また、ニコンが開発したシャッターユニットには炭素繊維とケブラーのハイブリッド新素材シャッター羽根を採用し、実装状態で 30万回のレリーズテストをクリアする高い耐久性を確保。同時に、シャッターモニターの搭載により安定した精度を維持しています。

8. 高精細約92万ドット(VGA)、広視野角170°、強化ガラス採用の3型液晶モニター

超高精細約92万ドット(VGA)で3型の大型液晶モニターを採用。再生画像の拡大表示も極めて高精細で、ピントの確認も容易です。また、視野角が170°と広く、ハイアングル、ローアングルのライブビュー撮影でも構図の確認が容易にできます。

9. 2種類のライブビュー機能

[手持ち撮影]モードは撮影前の構図調整を目的としたモードで、通常のAF撮影と同様に全フォーカスポイント51点を用いたTTL位相差検出方式AFでピント合わせができます。
[三脚撮影]モードは三脚固定状態での厳密なピント合わせを目的としたモードで、画面上の任意のポイントで、コントラストAFによるピント合わせができます。また、別売のソフトウェア「Camera Control Pro 2」を使えば、パソコンのモニターで撮影画像を見ながらピント合わせやシャッターレリーズをコントロールできます。併せて、ワイヤレストランスミッター「WT-4(別売)」を使用すれば無線での操作、画像転送も可能です。

10. ピクチャーコントロールシステム

「スタンダード」、「ニュートラル」、「ビビッド」および「モノクローム」の4種の「ピクチャーコントロール」を用意しており、いずれかを選択してそのままお使いいただくことも、それぞれの「ピクチャーコントロール」の画(え)作り構成要素(輪郭強調・コントラスト・明るさ・色の濃さ・色合い)の設定を好みに応じて調整してお使いいただくこともできます。オプションピクチャーコントロールの「ポートレート」、「風景」、「D2XMODE I」、「D2XMODE II」、「D2XMODE III」も、無料ダウンロードしてカメラに搭載できます。

11. 見たままの明るさを再現するアクティブD-ライティング

コントラストの強い撮影状況下、マルチパターン測光との組み合わせでハイライトの階調を活かして露出を決定し、撮影画像を解析して黒くつぶれる部分をデジタル処理で明るく再現する「アクティブD-ライティング」。ダイナミックレンジを単純に拡大する方式とは異なり、局所的な階調制御により軟調化を軽減し、白とび、黒つぶれを改善しながら、適度なコントラストを保った画像を提供します。撮影前の設定で「オート」、「より強め」、「強め」、「標準」、「弱め」、「しない」を選べます。

12. デジタル水準器

カメラの傾きをボディーに内蔵した「加速度センサー」で検出し、左右方向の傾き状態を背面液晶モニターに表示できます。ライブビュー時には液晶モニターのスルー画に重ねて表示し、カメラが水平になっているかを、映像を見ながら正確に確認できます。また、上面表示パネル、およびファインダー内表示パネルの露出インジケーターに簡易表示もできます。

13. UDMA対応のメモリーカード ダブルスロット

コンパクトフラッシュカード(CFカード)のメモリーカードスロットは高速データ転送ができるUDMAに対応。CFカードを2枚セットし、[順次記録]、[バックアップ記録]、RAW画像とJPEG画像を別々のカードに記録する[RAW+JPEG分割記録]のいずれかを選べます。また、[画像コピー]を選ぶと、スロット間で記録画像のコピーができます。

14. 撮影時の位置情報などを記録するGPSユニット GP-1(別売)に対応

撮影時の緯度、経度、標高、日時が記録できます。地図情報と連携させて、画像つきのオリジナルマップ作成などができます。

希望小売価格 21,000円(税込み 22,050円)

その他の特長

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD3X」の主な仕様

型式 レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
有効画素数 24.5メガピクセル
撮像素子 35.9×24.0 mmサイズCMOSセンサー、総画素数25.72メガピクセル、ニコンFXフォーマット
記録画素数
(ピクセル)

撮像範囲:FXフォーマット(36 × 24)

  • サイズL:6048 × 4032
  • サイズM:4544 × 3024
  • サイズS:3024 × 2016

撮像範囲:DXフォーマット(24 × 16)

  • サイズL:3968 × 2640
  • サイズM:2976 × 1976
  • サイズS:1984 × 1320

撮像範囲:5:4(30 × 24)

  • サイズL:5056 × 4032
  • サイズM:3792 × 3024
  • サイズS:2528 × 2016
ISO感度
(推奨露光指数)
ISO 100~1600(1/3、1/2、1段ステップ)、ISO 100に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 50相当)の減感、ISO1600に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO3200相当)、2段(ISO6400相当)の増感、感度自動制御が可能
レンズマウント ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
交換レンズ
  • G/Dタイプレンズ(IXニッコールを除く):フル機能使用可能(PCマイクロニッコールを除く)
  • DXレンズ:撮像範囲DXフォーマット(24×16)でフル機能使用可能
  • G/Dタイプ以外のAFレンズ(F3AF用を除く):3D-RGBマルチパターン測光IIを除く機能使用可能
  • Pタイプレンズ:3D-RGBマルチパターン測光IIを除く機能使用可
  • 非CPUレンズ:露出モードA、Mで可能、開放F値がf/5.6より明るい場合フォーカスエイド可能、レンズ情報手動設定でRGBマルチパターン測光、絞り値表示など使用可能(非AIレンズは使用不可)
電源 Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL4a[クイックチャージャーMH-22またはMH-21(別売)による充電]、ACアダプター EH-6(別売)
大きさ(W×H×D) 約159.5×157×87.5 mm
質量 約1220g(バッテリー本体、メモリーカード、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバーを除く)
付属品 Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL4a、クイックチャージャー MH-22、USBケーブルUC-E4、オーディオビデオケーブルEG-D2、ストラップAN-D3X、ボディーキャップBF-1A、アクセサリーシューカバー BS-2、アイピースDK-17、バッテリー室カバーBL-4、USBケーブルクリップ、Software Suite CD-ROM

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。