ニコン一眼レフカメラ用標準レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G」の発売について

2008年9月22日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡隆男)は、デジタル一眼レフカメラ「D3」「D700」およびフィルム一眼レフカメラ「F6」などに使用する標準レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G」を発売します。
 標準レンズは肉眼の視野角に近い撮影画角45度程度のレンズのことで、ズームレンズが普及する以前は、一眼レフカメラ初心者が最初に手にする基本レンズでした。現在、ズームレンズが普及する一方で、ベテランユーザーや写真愛好家などからは、さまざまな撮影の基本となる標準レンズが再認識されニーズが高まっていました。
 新設計の光学系による優れた描写力と美しいボケ味、超音波モーター(SWM)による静粛で高速なAFが可能です。また、f/1.4と大口径レンズのため光量が少ない室内などの撮影に有利。デジタル時代にマッチした新しい標準レンズです。

発売概要

商品名 AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
希望小売価格 60,000円(税込み 63,000円)
発売予定日 2008年12月

主な特長

主な仕様

焦点距離 50mm
最大絞り f/1.4
最小絞り f/16
レンズ構成 7群8枚構成
画角 46度
最短撮影距離 0.45m
絞りの羽根枚数 9枚(円形絞り)
アタッチメントサイズ 58mm
大きさ 約73.5mm(最大径)×54 mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約280g
付属アクセサリー 58mmスプリング式レンズキャップLC-58、裏ぶたLF-1、バヨネットフードHB-47、ソフトケースCL-1013

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。