ニコンFXフォーマット採用、超高感度・高速・高画質、高いコストパフォーマンス

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」の発売について

2008年7月1日PRESS RELEASE/報道資料

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)装着時

株式会社ニコン(社長:苅谷道郎)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡 隆男)は、12.1メガピクセルの自社開発の大型CMOSセンサー(撮像サイズ36.0×23.9mm)を搭載し、小型・軽量、高いコストパフォーマンスを実現したデジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」を発売します。
「D700」には、プロフェッショナルユーザーから絶大な評価を得ているデジタル一眼レフカメラ「D3」と同じCMOSセンサーを搭載したほか、多くの高機能を継承しながら小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現。より多くの方に「ニコンFXフォーマット」のすばらしさをお楽しみいただけます。
「D700」は「D3」から継承したISO200~6400の極めて広い常用感度のほか、本体のみで最速約5コマ/秒の連続撮影、別売のマルチパワーバッテリーパック「MB-D10」の装着により、最速約8コマ/秒の高速連続撮影を実現しています。
なお、35mmフィルムの画面サイズ36×24mmに準じた撮像サイズ36.0×23.9mmのCMOSセンサーを搭載していますが、ニコンでは、この撮像フォーマットを「ニコンFXフォーマット」と称しています。

発売概要

商品名 デジタル一眼レフカメラ 「ニコンD700」
価格 オープンプライス
発売予定日 2008年7月25日

なお、「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)」をセットにした「D700 レンズキット」も発売します。オープンプライス 2008年7月25日発売予定。

開発の背景

2007年に発売したデジタル一眼レフカメラ「D3」は、「常用撮影での高感度化」、「さらなる高画質、高精細化」、「より広いダイナミックレンジ」など、デジタル一眼レフカメラの総合的な画質性能を高い次元で結実させ、プロフェッショナルユーザーから高い評価を得ています。この「D3」と同等の優れた画質性能を小型軽量ボディーに凝縮し、高いコストパフォーマンスを実現したのが「D700」です。さらに、ご要望の多かったイメージセンサークリーニング機能を採用し、使いやすさも向上しています。

主な特長

1. 自社開発 大型撮像素子 有効画素数12.1メガピクセル

画質性能の評価の高い「D3」と同じ、画面サイズ36.0 ×23.9 mmの「ニコンFXフォーマット」CMOSセンサーを採用しています。35mmフィルムの画面サイズに準じた広い撮像面積を持っており、1画素あたりの広い開口面積、ギャップレスマイクロレンズの採用により、非常に高いS/N比、広いダイナミックレンジを確保。低感度から高感度まで驚くほど豊かな階調表現と高精細な描写を実現します。また、「D3」同様の12チャンネルによる画像信号の高速読み出し、14ビットA/D変換も継承されています。

2. 広範な撮像感度

常用撮像感度は ISO 200~6400と極めて広範囲です。低感度設定時の高画質は当然のことながら、特に高感度側は、ISO 6400でもノイズの少ない高画質を実現。これまで満足な撮影ができなかった暗いシーンでも、高画質な画像を撮影できます。さらに、ISO 25600までの増感、ISO 100相当までの減感が可能。また、撮像感度の自動制御も可能です。

3. 高速性能

起動時間は約0.12秒、レリーズタイムラグは約0.040秒(CIPA基準)。連続撮影は最速約5コマ/秒、最大100コマまで可能。別売のマルチパワーバッテリーパック「MB-D10」装着により最速約8コマ/秒の高速連続撮影を実現。また、新世代高速カードUDMAにも対応しています。

4. ニコンの画像処理コンセプトを具現化した「EXPEED」

ニコンの「画作り」と「画像処理」の思想、ノウハウを集大成した独自の包括的デジタル画像処理コンセプト「EXPEED (エクスピード)」。これに基づくテクノロジーを応用・最適化した、画像処理システムを搭載しています。

5. シーン認識システム

1005分割RGBセンサーの、明るさだけでなく、被写体の色まで認識して高精度な露出制御を実現するポテンシャルを有効に活用して、被写体や撮影シーンの状況をカメラが撮影前に認識し、その結果を制御に応用します。「D3」、「D300」で高く評価されたこのシステムを、「D700」も搭載。AF、AE、AWBの精度向上に寄与しています。

6. ピクチャーコントロールシステム

初心者からプロまで各々のスキルに応じて、画作りの選択や調整が簡単にできる、画作り設定システムです。「スタンダード」、「ニュートラル」、「ビビッド」、および「モノクローム」の4種の「ピクチャーコントロール」を用意しており、いずれかを選択してそのままお使いいただくことも、それぞれの「ピクチャーコントロール」の画作り構成要素(輪郭強調・コントラスト・明るさ・色の濃さ・色合い)の設定を好みに応じて調整してお使いいただくこともできます。

7. アクティブD-ライティング

コントラストの強い撮影状況下でも、マルチパターン測光との組み合わせでハイライト部の階調を生かした露出を決定し、さらに画像処理段階で撮影画像を解析して黒くつぶれる部分を明るく再現します。白とびを抑え、黒つぶれを軽減しながら、しかも見た目に近いコントラストを保った画像を提供します。「D700」は、被写体のコントラストに合わせて自動的に強さを加減する新しい「オート」モードも搭載しています。

8. 高密度51ポイントAF採用のAFシステム

「D3」同様に、51のフォーカスポイントを持つ、マルチ CAM3500FX オートフォーカスセンサーモジュールを搭載。被写体に即して選べる多彩なフォーカスエリアモードで、さまざまに活用できます。

9. 2種類のライブビュー機能

液晶モニターで被写体を確認しながら撮影できるライブビュー機能を、「手持ち撮影モード」と「三脚撮影モード」の2種類搭載しています。
 カスタムメニューで[ファンクションボタンの機能]を[ライブビュー]に設定しておくと、ファンクション(Fn)ボタンを1回押すだけで、ライブビュー撮影に移行し、必要なコマ数だけライブビュー撮影を継続できます。
 ライブビュー時には液晶モニターのライブビュー画面に重ねて水準器表を表示でき、カメラが水平になっているかを、映像を見ながら正確に確認できます。

10. 2種類の撮像範囲

「FXフォーマット(36×24)」、「DXフォーマット(24×16)」の2種類の撮像範囲が選べます。なお、DXレンズ装着時には、自動的にDXフォーマットに切り換えることもできます。

11. 高精細3型VGA広視野角TFT液晶モニター

約92万ドットVGA (640×480 ピクセル)の超高精細、強化ガラス採用、視野角170°の3型液晶モニターを搭載しています。撮影画像を拡大表示してのピントの確認などに極めて有効です。また、ライブビューの「手持ち撮影モード」では大きな視野角が威力を発揮します。

12. 効果的なインテグレーテッドダストリダクションシステム

従来のニコン独自の複合的な対策に加え、イメージセンサークリーニング機能を採用しています。イメージセンサークリーニング機能は、OLPF(光学ローパスフィルター)を4 種の共振周波数で振動させて、ローパスフィルターに付着したゴミやほこりをふるい落とします。カメラの電源ON/OFFに連動して作動するほか、メニューからの操作で任意の作動もできます。

13. 長寿命バッテリー

フル充電で約1000コマ(CIPA基準)の撮影ができます。マルチパワーバッテリーパックMB-D10(別売)を装着してEN-EL4a(別売)とEN-EL3eを併用すると、撮影可能コマ数がさらに約2900コマ(CIPA基準)まで増加します。

14. デジタル水準器

「加速度センサー」でカメラの左右の傾きを検出し、背面液晶モニターに表示できます。また、上面表示パネル、およびファインダー内表示パネルの露出インジケーターで、簡易表示もできます。ライブビュー時には液晶モニターのライブビュー画面に重ねて表示できます。

15. ワイヤレストランスミッターWT-4(別売)に対応

WT-4は有線LAN (10BASE-T、100BASE-TX)、無線LAN (IEEE 802.11b/g、11a) をサポートし、サムネイルセレクトモードを搭載しています。また、Camera Control Pro 2(別売)と併用することにより、ライブビュー機能についてもワイヤレスでリモートビュー/コントロール撮影ができます。

そのほかの特長

高機能スピードライト「SB-900」について

スピードライト「SB-900」は、「SB-800」の後継機として開発され、ニコン クリエイティブライティング システム(以下、CLS)を搭載した、ガイドナンバー34(ISO100・m)/48(ISO200・m)(照射角35mm、FXフォーマット、スタンダード配光時)の大光量を持つ、高性能スピードライトです。「D3」、「D700」、「D300」などのニコンデジタル一眼レフカメラとの組み合わせで、i-TTL調光モード撮影やワイヤレス増灯撮影など、多彩なスピードライト撮影が楽しめます。

  • 照射角が使用レンズの焦点距離に連動するオートパワーズーム機能(FXフォーマット時:17~200mm、DXフォーマット時:12~200mm)
  • 撮影目的に合わせて3つ(スタンダード配光/中央部重点配光/均質配光)から選択できる、配光タイプ切り替え機能
  • 世界初、ウェブサイト(http://www.nikon-image.com/)から最新のファームウェアをダウンロードして、カメラボディーからアップデート可能 カメラに装填する記録媒体にダウンロードし、それをカメラに装填しカメラからの操作でアップデート可能(2008年7月10日訂正)
  • カメラの撮像範囲に連動して、配光画角がFXフォーマットとDXフォーマットで切り替わるFX/DX切り替え機能

発売概要

商品名 ニコンスピードライトSB-900
希望小売価格 65,000円(税込68,250円)
付属品:スピードライトスタンド AS-21、バウンスアダプター SW-13H、カラーフィルター SJ-900、カラーフィルターホルダー SZ-2、ソフトケース SS-900
発売予定日 2008年7月25日

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」の主な仕様

型式 レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
レンズマウント ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
有効画素数 12.1 メガピクセル
撮像素子 36.0×23.9 mmサイズCMOSセンサー、ニコンFXフォーマット
総画素数12.87 メガピクセル
記録画素数
(ピクセル)

撮像範囲:FXフォーマット(36×24)

  • サイズL:4256 × 2832
  • サイズM:3184 × 2120
  • サイズS:2128 × 1416

撮像範囲:DXフォーマット(24×16)

  • サイズL:2784 × 1848
  • サイズM:2080 × 1384
  • サイズS:1392 × 920
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(Type I、UDMA対応)
交換レンズ 1)G/Dタイプレンズ(IXニッコールを除く):フル機能使用可(PCマイクロニッコールを除く)
2)DXレンズ:撮像範囲DXフォーマット(24×16)でフル機能使用可
3)G/Dタイプ以外のAFレンズ(F3AF 用を除く): 3D-RGBマルチパターン測光IIを除く機能使用可
4)Pタイプレンズ:3D-RGBマルチパターン測光IIを除く機能使用可
5)非CPUレンズ:露出モードA、Mで可能、開放F 値がF/5.6より明るい場合フォーカスエイド可能、レンズ情報手動設定でRGBマルチパターン測光、絞り値表示など使用可(非AIレンズは使用不可)
ISO感度
(推奨露光指数)
ISO 200~6400(1/3、1/2、1段ステップ)、ISO 200に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 100相当)の減感、ISO 6400に対し約0.3、 0.5、 0.7、 1段、2段(ISO 25600相当)の増感、感度自動制御が可能
内蔵フラッシュ 押しボタン操作による手動ポップアップ方式
ガイドナンバー:
約17(マニュアルフル発光時約18)(ISO 200・m、20℃)
約12(マニュアルフル発光時約13)(ISO 100相当・m、20℃)
FXフォーマット時、24mmのレンズ画角をカバー
電源 使用電池 Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL3e 1個使用
バッテリーパック マルチパワーバッテリーパックMB-D10(別売):Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL4a/EN-EL4(別売)※1※2またはEN-EL3e 1個使用。単3形電池(アルカリ電池、ニッケル水素充電池、リチウム電池、ニッケルマンガン電池)8本使用
ACアダプター ACアダプター EH-5a、EH-5(別売)※2
大きさ
(W×H×D)
約147×123×77 mm
質量 約995 g(バッテリー本体、メモリーカード、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバー、液晶モニターカバーを除く)
付属品 Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL3e、クイックチャージャーMH-18a、USB ケーブル UC-E4、ビデオケーブル EG-D100、ストラップ AN-D700、液晶モニターカバー BM-9、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバー BS-1、Software Suite CD-ROM
主な別売アクセサリー ワイヤレストランスミッター WT-4、Capture NX 2、画像真正性検証ソフトウェア、Camera Control Pro 2、マルチパワーバッテリーパック MB-D10、セミソフトケース CF-D700

ニコン新製品発表展示会「Nikon Digital Live 2008」の開催について

「D700」を中心としたエンドユーザー向け新製品発表展示会を東京・大阪で開催します。入場無料、日時、会場などは以下のとおりです。

東京

日時 7月11日(金)11:00~19:00
7月12日(土)10:00~19:00
7月13日(日)10:00~17:00
会場 恵比寿ガーデンホール
アクセス JR 恵比寿駅東口 動く通路恵比寿スカイウォーク利用で徒歩約5分
東京都目黒区三田1-13-2(恵比寿ガーデンプレイス内)

大阪

日時 7月18日(金)11:00~19:00
7月19日(土)10:00~19:00
7月20日(日)10:00~17:00
会場 レ ルミエール
アクセス JR 新大阪駅正面口徒歩約5分または地下鉄御堂筋線新大阪駅7番出口徒歩約5分
大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー2F(新大阪ワシントンホテルプラザ)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。