ニコンデジタル一眼レフカメラ「D3」が「カメラグランプリ2008 大賞」「あなたが選ぶベストカメラ大賞」を受賞

2008年5月19日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:苅谷道郎)のデジタル一眼レフカメラ「D3」が、「カメラグランプリ2008 大賞」を受賞しました。2007年4月1日から2008年3月31日までに国内で新発売された選考対象170機種の頂点に立つ栄誉です。
選考委員会は「フラッグシップモデルとして、ファン待望の35mm判サイズのセンサー搭載機としての期待以上の優れた新しい機能を数多く搭載し、プロフェッショナルから写真愛好家まで、広く愛されるカメラを開発した」点を高く評価し、選考理由としています。
さらに、「D3」はカメラグランプリが25周年を記念して制定された「あなたが選ぶベストカメラ 大賞」も受賞。この賞は、3月19日~22日に行われたフォトイメージングエキスポ2008の開催期間中に、一般ユーザーからの投票結果によって選ばれたもので、多くの一般ユーザーからも高く評価されていることが認められました。
ニコンのカメラグランプリの受賞は、2006年の「D200」の受賞以来2年ぶり6回目。
なお、「D3」は欧州の権威ある写真・映像関連の賞「TIPA(Technical Image Press Association)」の「TIPA ベスト プロフェッショナルデジタル一眼レフカメラ 2008」も受賞しています。
ニコンデジタル一眼レフカメラ「D3」は、国内では株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡隆男)が販売し、昨年11月の発売以来、プロフェッショナル、ハイアマチュアを中心として高い評価を得ています。

カメラグランプリ2008 大賞 ニコンD3
あなたが選ぶベストカメラ 大賞 ニコンD3

カメラグランプリについて

今年、カメラグランプリが25周年を迎えたことなどから賞の名称が変更されました。これまでのカメラグランプリは「カメラグランプリ 大賞」と改められ、新たに、一般ユーザーの投票による「あなたが選ぶベストカメラ 大賞」が制定されました。
「カメラグランプリ 大賞」は、写真・カメラ雑誌のメカニズム担当記者の集まりであるカメラ記者クラブ(1963年9月発足、2008年5月現在12誌が加盟)が主催。カメラグランプリ実行委員会の運営のもと、選考委員が組織され、その一年間に日本国内で新発売されたスチルカメラの中からもっとも優れた一機種を表彰するものです。選考委員は、カメラ記者クラブのメンバーをはじめ、加盟雑誌の編集長(もしくは代表者)、カメラグランプリ実行委員が委託した外部選考委員、特別選考委員(学識経験者、カメラメカニズムライター、写真家、写真関連団体の代表等)で、今年は総勢55名が選考にあたりました。

ニコン「D3」の主な選考理由

ニコンFXフォーマットのフラッグシップモデルとして、新開発の有効画素数1210万画素CMOSセンサーをはじめ、常用可能なISO6400の高感度、高密度51点AFなど、数々の革新的な高性能・高機能を搭載。ラインアップの頂点に立つカメラにふさわしい性能と操作性を備えた。
主な特徴として、

ニコンの受賞歴

「カメラグランプリ」は1984年に創設され、今回で25回目となります。
ニコンの受賞歴は、

「ニコンD3」の受賞は、これらに続く6回目の栄誉となります。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。