事業情報

English[別窓で遷移します]

事業環境の変化に迅速に対応し、持続的な成長を実現させるため、ニコンは2014年6月に、約15年続いたカンパニー制から事業部制へと組織を改編しました。
現在の事業体制は、「精機事業(半導体装置事業、FPD装置事業)」「映像事業」「インストルメンツ事業(マイクロスコープ・ソリューション事業、産業機器事業)」「メディカル事業」と「その他の事業」から構成されています。

その他の事業

  • カスタムプロダクツ事業
  • ガラス事業
  • エンコーダ事業
  • メガネレンズ事業

インストルメンツ事業(産業機器事業)の測量機を担当するニコン・トリンブルと、その他の事業のメガネレンズを担当するニコン・エシロールは持分法適用会社です。


事業概況、事業戦略、事業部長に聞く、を掲載しています。