構造改革

構造改革について

当社はグループ全体として抜本的な構造改革を実施し、企業価値向上に向けた体質改善を図り、これまでの売上成長を目標とした戦略から、収益力強化への戦略転換を図ります。
また、2015年5月に策定した「中期経営計画2015年度版」は継続を断念し2016年11月から向こう2年間を構造改革期間とします。
その後、2020年3月期をスタートとする成長戦略を盛り込んだ新中期経営計画を発表する予定です。

中期経営計画2015年度版の現状と問題点

現状

問題点

企業価値向上に向けて

売上成長を志向した戦略から、収益力強化・企業価値最大化を志向する戦略へ方針転換します。
2019年3月期までに抜本的な構造改革を実施し、企業価値向上に向けた経営体質の改革を図ります。
その後、2020年3月期を初年度とする新中期経営計画を策定し、成長への道筋を明らかにする予定です。

構造改革の狙いと基本方針

当社グループ全体の企業価値向上に向けた体質改善を目的として、
売上成長から収益力強化への戦略転換を行い、以下の基本方針を展開します。

それと同時に、上記3つの方針を支え、その効果を持続的に定着させるため、

を推進して、経営思想や体制の変革も並行して行っていきます。

構造改革のポイント

半導体装置事業

映像事業

本社機構

光学部品生産機能